アーユルヴェーダのハーブ/カレーリーフ by アーユルヴェーダの名医 Dr.ディネッシュ & Dr.ディネッシュカ

アーユルヴェーダで欠かせないハーブⅦ

今回は愛され続けるカレーリーフについてお話します。古くから南アジアの人々は、カレーリーフを毎日の料理に使っていました。メインディッシュの味を引き立てるスパイスとして、また個々の料理の素材として使用されています。

そして治療効果もとても高いです。カレーリーフはカレーツリーの葉のことですが、実はカレーツリーの薬効は葉だけにはとどまりません。アーユルヴェーダやスリランカの土着医学では、カレーツリーの全ての部分をさまざまな薬の調合に使っているのです。

 

カレーリーフについて

カレーツリーの学名はMurraya koenigiiで、ミカン科に属します(和名はオオバゲッキツ)。

原産地は南アジアです。カレーリーフは、ビタミンA、B、C、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルを含んでいます。また、タンパク質、炭水化物、脂肪の良い供給源にもなります。 カレーリーフのサンスクリット語の同義語には「Surabhi nimba, Surabhi, Sri parnika」などがあります。

 

薬理学による分類

カレーリーフはその状態によって以下のような異なる作用を有します。

 

熟した新鮮なタマリンド果実の作用
【Rasa(味)】Tikta(苦味)、Madhura(甘味)
【Guna(性質)】Laghu(軽性)、Khara(粗性)
【Virya(効力)】Ushna(熱性)
【Vipaka(消化後の味)】Katu(辛味)

 

カレーリーフの効能

カレーリーフはヴァータとカパを鎮静する作用があります。 また、アーユルヴェーダでは、カレーリーフは健康に役立つ多くの特性を持っているとされています。

 

循環器系への効果

カレーリーフには血圧をコントロールする効果があるとされています。生のカレーリーフと乾燥したカレーリーフともに血圧を下げる作用があるので、高血圧の症状に使用することができます。また、カレーリーフは悪玉コレステロールを減らすことができ、減量に役立ちます。そのため、心臓に良いとされています。心臓の機能に関連する多くの疾患を予防し、心臓を健康に保ちます。更に、鉄の良い供給源であり、貧血状態とそれに関連する疾患を減らすことができます。そして、血糖値を低下させる作用もあり、糖尿病の良い治療薬にもなります。

 

免疫系への効果

カレーリーフは、多くの外来物質と戦うことができます。抗菌作用、抗ウィルス作用、抗真菌作用、抗寄生虫作用があります。免疫システムに働きかけ、多くの病気に対する潜在的な抵抗力を高めてくれます。また抗癌作用も有します。

 

消化器系への効果

カレーリーフは、消化の薬にもなります。食欲を増進させ、アグニ(消化力)の働きを強化します。そのため、消化不良や腹部膨満感、便秘などの消化器系のトラブルを防ぐことができます。実際、下剤としての効果もあります。そして、虫の感染症にも最適な物質です。

 

皮膚への効果

カレーリーフは、傷の治療に使われます。特に、傷の周りの血液循環を刺激し、新しい細胞の成長を促進します。また、抗腫瘍作用と抗潰瘍作用があり、さらに抗炎症作用もあります。したがって、それは腫れを軽減するために使用します。抗酸化物質として作用します。

皮膚や髪にも栄養を与えます。体の外側からも内側からも、皮膚や髪に良い作用があります。髪の成長を高め、抜け毛や白髪を制御します。肌には輝くと顔色を与えます。

 

目への効果

カレーリーフは目のためにも良いです。それは良い視力の維持に役立ち、目の病気を防いでくれます。

 

骨格系への効果

カレーリーフには、カルシウムが豊富に含まれています。骨をまっすぐにし、骨粗鬆症の可能性を減らします。カルシウムの不足を補います。

 

口腔への効果

古来よりこの植物の枝は、歯茎や歯のクリーニングに使われていました。実際に、歯茎を整え、歯をきれいにする効果があります。

 

その他の効果

つわりに効果的です。妊娠中の母親は、カレーリーフを制限なく使用することができます。

記憶力を高め、脳を様々な病気から守ります。

カレーリーフはアンチエイジングに効果的です。若返りを促進します。血液を浄化し、デトックス効果もあります。

 

カレーリーフは母なる大地からの素晴らしい贈り物であり、計り知れない健康効果があるのです。毎日の食事にカレーリーフを加えることで、あなたの人生を自然に癒してくれるでしょう。

 

英国アーユルヴェーダカレッジでは、サットヴァを高めるための様々な実践法を学ぶことによって、健康維持や病気の予防をするための知識を深めていきます。また、スリランカ人のアーユルヴェーダドクターから正真正銘のアーユルヴェーダの智慧を学べる日本で有数の学校です。アーユルヴェーダの学びを深めたい方、将来セラピストとして活躍したい方、健康管理のために日々の生活に取り入れたい方は、是非お気軽に無料説明会体質診断セミナーにご参加ください。ご相談お待ちしております。

 

ライタープロフィール

ドクター・コラム始まりました!【アーユルヴェーダ医師によるアーユルヴェーダ最新情報をお届けします!】アーユルヴェーダ医師ディネッシュ先生 / Dr. Dinesh Edirisinghe

スリランカ国立コロンボ大学アーユルヴェーダ・メディスン&サージェリー卒業

脈診と額に手を当てることにより、クライアントの体質はもちろん、現在の病気や体調、過去の病歴までを読み取とることから「ドクターCTスキャン」として有名。特にデンマーク、ドイツ、日本での経験が豊富で、スリランカのジェット・ウィング・グループで、アーユルヴェーダの責任者として、スリランカの本格的なアーユルヴェーダをスリランカ国外に広めるための新しいコンセプトを構築。

 

ドクター・コラム始まりました!【アーユルヴェーダ医師によるアーユルヴェーダ最新情報をお届けします!】アーユルヴェーダ医師
ディネッシュカ先生 / Dr. Dinushka Dissanayake

スリランカ国立コロンボ大学アーユルヴェーダ・メディスン&サージェリー卒業

ディネッシュ先生の最愛の奥様であり、婦人科とメンタルヘルスの専門家。

 

 

 

※「ドクターCTスキャン」の異名をもつ有名なディネッシュ先生と奥様のディネッシュカ先生についてさらに詳しいプロフィールはこちらをクリック。

 

ENGLISH

Beloved of the cardiac – Curry-leaves

From ancient time people in South Asian countries used to use this marvellous ingredient in their daily cooking. Usually, it uses as a sub ingredient to add flavour and to increase the taste of the main dish as well as an individual cooking element too. It has great therapeutic value. Actually, when we talk about the medicinal value of curry leaves, it doesn’t limit to its leaves. Whole plant curry leaves used in Ayurveda and in Sri Lankan indigenous medicine to prepare various medicines.

The botanical name of the curry leaves is Murraya koenigi and it belongs to Jameera family. Home for this plant is South Asia. As we mention about the nutritional value of this plant, it consists with Vitamins A, B and C. Minerals such as Calcium, Iron, and Magnesium. Also, it is a good source of protein, Carbohydrate and Fat.

Sanskrit Synonyms of Curry Leaves Surabhi nimba, Surabhi, Sri parnika

 

Medical properties of curryleaves


Rasa(Taste) – Bitter, Astringent, Sweet
Guna(Quality) – Light,Rough, strong
Veerya(Potency) – Hot
Vipaka(Taste conversion after the digestion) – Pungent
Effect on tridosha – Pacifying Kapha and Vata

 

According to Ayurveda curry leaves have many health beneficial properties. It is used as a great agent for controlling blood pressure. Usually both fresh and dried curry leaves can lower the blood pressure. Therefore, it can use for hypertension conditions.

Also, it can reduce the bad cholesterol in our body. It helps in weight loss. Because of that it is good for the heart. It prevents many diseases related to cardiac function and keeps it healthy.

It is a good sauce of Iron, it can reduce the anemic condition and other diseases related to that.

Curry leaves can fight against many foreign agents. It has antibacterial activity, antiviral activity, antifungal activity and antiprotozoal activity. Hence it works in human immune system and enhance the potential power against many diseases.

Also curry leaves are good medicines for the digestion. It boosts the appetite and enhance the action of “Agni”. Because of that it prevents many digestion problems such as indigestion, abdominal distention, and constipation. Actually, it has a laxative effect. And it is a great substance for the worm infections.

Curry leaves used for wound healing. Specially, it stimulates the blood circulation around the wound and promotes the growth of new cells. Also, it has antitumour activity and anti ulcer activity.It has an anti-inflammatory action as well. Therefore, it uses to reduce swelling.

It acts as an antioxidant.

It has power of anti cancer.

It reduces the blood glucose level. Therefore, it is a good remedy for the diabetic people.

It nourishes the skin and hair as well. Both external and internal applications give benefits to the skin and hair. It enhances the growth of hair and control the hair fall and greying hair. In the skin it gives glowing and good complexion.

It is good for our eyes. It helps in maintaining good eyesight prevent eye diseases.

As it is enriched with calcium. It straightens the bones and reduces the possibility of osteoporosis. It manages the calcium deficiency.

In ancient time the branches of this plant were used for clean the gums and teeth dental sticks. Actually, it straightens the gums and cleans the teeth.

It effective against morning sickness. Hence, pregnant mothers can use curry leaves without any restriction. It increases the memory power and protect our brain from many diseases.

Also curry leaves are good antiaging agents. It promotes rejuvenation.

It can purify our blood. It has a detoxifying effect.

Actually Curry leaves are a wonderful gift from our mother nature with immense health benefits. Adding curry leaves to your daily meal heals your life naturally.