アーユルヴェーダのハーブ/コリアンダー by アーユルヴェーダの名医 Dr.ディネッシュ & Dr.ディネッシュカ

アーユルヴェーダとハーブ

アーユルヴェーダにおけるハーブの重要性については以前もお話しました。もしまだ読まれていない方は是非お読みください。記事はこちらから⇒代表的なスパイスとその効果、おすすめの使い方

生命科学として人々に親しまれているアーユルヴェーダは、自然に優しい医療システムでもあるため、薬草が大きな役割を果たしています。その中でも今回は、アーユルヴェーダやスリランカ固有の伝承医学(ヘラヴェダガマ)に欠かせないハーブのひとつ、コリアンダーについて少し掘り下げてご紹介したいと思います。

 

コリアンダーについて

コリアンダーの学名はCoriandrum sativum、セリ科に属します。アーユルヴェーダでは、多くの別名を持ち、スリランカでは"Kothamburu"として知られています。コリアンダーはハーブとしてだけでなく、スパイスとしても使用されます。種だけではなく、根、茎、葉の全てを使用することができ、予防効果と治癒効果を持ち合わせています。

 

薬理学による分類

アーユルヴェーダの薬理学によると、コリアンダーは以下のような作用があります。
【Rasa(味)】Tikta(苦味)、Kashaya(渋00)
【Guna(性質)】Snigdha (油性)
【Virya(効力)】Ushna(熱性)
【Vipaka(消化後の味)】Madhura(甘味)

 

コリアンダーの効能

コリアンダーは全身に作用し、心身の健康を維持するのに役立ちますが、それぞれの器官への効能を詳しく見ていきましょう。

 

消化器系への効果


消化器系への効果としては、まず消化促進効果があげられます。食欲を増進させ、ほどよい空腹感を与える効果もあります。その他にも、膨満感や腹痛を抑える効果や嘔吐、吐き気の症状の緩和、食中毒の予防効果もあります。また、寄生虫による疾患に対する作用もあります。

 

呼吸器系への効果

呼吸器系の病気にも効果があり、内服薬や外服薬として利用できます。鼻づまりや副鼻腔炎を緩和します。頭痛を治し、頭の重さを軽減します。

 

循環器系への効果

コリアンダーには利尿作用があります。そのため、体内の毒素を排出する効果があります。また、水の滞留や浮腫みを軽減します。そして、リンパの流れを刺激します。ほてりやのぼせの症状を緩和し、喉の渇きを癒す作用があります。

また、アーユルヴェーダの古典によると、心臓にも良い影響があるとされています。血液の循環を調整します。

 

神経系への効果

コリアンダーは、私たちの神経系を保護することができます。それによって、精神的健康を向上させ、気分を良くしてくれます。不安やストレスをコントロールするのに役立つ特性を持っているのです。また、記憶力を高める効果もあります。

 

その他の効果

コリアンダーは、優れた抗酸化物質です。このため、人体の免疫力を高めることができます。炎症や感染症にも効果があると言われています。また、抗がん作用があることもわかってきました。

そして多くの婦人科系疾患にも使用されます。一般的には、女性の月経痛に対する鎮痛剤として使用されます。

また、肌にも良いとされています。肌の色つやが良くなります。不必要な体重増加を抑えます。若返りの効果もあります。

アーユルヴェーダでは、コリアンダーは、糖尿病、高血圧、高脂血症など、多くの非感染性疾患に効果があるとされています。

 

ヘルシーなコリアンダー入りの煎じ液

 

材料


- コリアンダーシード(焙煎) 20g
- クミン(焙煎) 10g
- ガーリック 15g
- レッドオニオン 20g
- ブラックペッパー 3g
- フェヌグリーク 2g
- シナモン 5g
- カレーリーフ 20g
- タマリンド 50g(種を除く)
- 塩(お好みで)

 

作り方

上記の材料と500mlの水をブレンドし、弱火で20~30分加熱します。 食前(昼食または夕食)に、スターターとしてお召し上がりください。週に1~2回を目安にお召し上がりください。

 

英国アーユルヴェーダカレッジでは、サットヴァを高めるための様々な実践法を学ぶことによって、健康維持や病気の予防をするための知識を深めていきます。また、スリランカ人のアーユルヴェーダドクターから正真正銘のアーユルヴェーダの智慧を学べる日本で有数の学校です。アーユルヴェーダの学びを深めたい方、将来セラピストとして活躍したい方、健康管理のために日々の生活に取り入れたい方は、是非お気軽に無料説明会体質診断セミナーにご参加ください。ご相談お待ちしております。

 

ライタープロフィール

ドクター・コラム始まりました!【アーユルヴェーダ医師によるアーユルヴェーダ最新情報をお届けします!】アーユルヴェーダ医師ディネッシュ先生 / Dr. Dinesh Edirisinghe

スリランカ国立コロンボ大学アーユルヴェーダ・メディスン&サージェリー卒業

脈診と額に手を当てることにより、クライアントの体質はもちろん、現在の病気や体調、過去の病歴までを読み取とることから「ドクターCTスキャン」として有名。特にデンマーク、ドイツ、日本での経験が豊富で、スリランカのジェット・ウィング・グループで、アーユルヴェーダの責任者として活躍し、スリランカの本格的なアーユルヴェーダをスリランカ国外に広めるための新しいコンセプトを構築。

 

ドクター・コラム始まりました!【アーユルヴェーダ医師によるアーユルヴェーダ最新情報をお届けします!】アーユルヴェーダ医師
ディネッシュカ先生 / Dr. Dinushka Dissanayake

スリランカ国立コロンボ大学アーユルヴェーダ・メディスン&サージェリー卒業

ディネッシュ先生の最愛の奥様であり、婦人科とメンタルヘルスの専門家。

 

 

 

※「ドクターCTスキャン」の異名をもつ有名なディネッシュ先生と奥様のディネッシュカ先生についてさらに詳しいプロフィールはこちらをクリック。

 

ENGLISH

Indispensable herbs in Ayurveda (I)

Ayurveda popular as a natural science among the people. As this is a nature friendly medicine system herbs play a huge role in Ayurveda. Among those herbs from this article I thought to bring some information about one of the most indispensable herb in Ayurveda and Sri Lankan traditional medicine. (Hela Wedakama). It is Coriander. The scientific name of Coriander is Coriandrum sativum. And belongs to Umbiliferae family. In Ayurveda this herb is known by many names. They are as Ardrika, Dhanya, Dhanyaa, Dhanyaka, Dhanyakaa, Dhanii, Dhaneya, Dhaneyaka, Dhanika, Dhana, Bijadhanya, Chathradhanya, Chathraa, Kuskumburu, Thumburuka, Kunati, Allaka, Avalika, Vithunnaka, Dhenuka, Sugandhi, Shakayogya, Sukshmapathra, Janapriya, Vedhaka, Dhaniya, Kothimburi, Kotmir and Dhane. In Sri Lankan traditional medicine it is known as “Kothamburu” Specially coriander seeds and whole plant use for the herbal preparation. Coriander is use as a herb as well as a spice too. This gives many benefits to the man both as a herb and a spice. It has a preventive and cure effect.

 

According to Ayurvedic illustrations Coriander concluded with;
Taste (Rasa)- Tikta (Bitter ) & Kashaya (Astringent)
Guna (Quality)- Snigdha (Unctuousness)
Veerya (Potency) – Ushna (Hotness)
Vipaka (Transformed Rasa at the end of the digestion) – Madhura (Sweet)

 

Mainly Coriander is working on all over the body and helps to maintain better physical and mental health. Coriander works on the digestive system and stimulate the digestion. It increases the appetite and causes hunger. It reduces the abdominal distention and stomachaches. Coriander can prevent from food poisoning. Also it has an action against worm diseases. It avoid vomiting and nausea conditions. Coriander is a great remedy for respiratory tract diseases. We can apply coriander as an internal remedy and external remedy for the respiratory system’s diseases. It relieves the nasal congestions and sinusitis. It cures headaches and reduces the heaviness of the head. Coriander has a diuretic effect. Because of that it has an ability to remove toxins from the body. Also, it reduces the water retention and edemas. And it stimulates the lymphatic drainage. It acts against the burning sensation. It has an ability to quench thirst. Coriander is a good antioxidant. Because of this it can boost the immunity of the human body. Hence it acts against inflammatory condition and infectious situation. Also, it has anticancer properties. Coriander can protect our nervous system. It improves our mental health. It is a great mood fixer. It has properties which help to control anxiety and stress. Also It has a power of lifting the memory. According to Ayurveda explanations It is good for the heart functions. It regulates the blood circulation. Coriander uses for many women's diseases too. Generally it is used as a painkiller against the menstrual pain in the ladies. And it is good for the skin. It increases the skin complexion. And it reduces the unnecessary weight gaining. Also, it has rejuvenation properties. As Ayurveda recommends coriander can apply against many noncommunicable diseases such as diabetic, hypertension and hyperlipidemia.

 

Boil Broth with Healthy Coriander

[Ingredients]

• Roasted Coriander seeds 20g
• Roasted Cumin 10g
• Garlic 15g
• Red onion 20g
• Black pepper 3g
• Fenugreek 2g
• Cinnamon 5g
• Curry leaves 20g
• Tamarind 50 g (seed removed)
• Sea salt - as per the taste

[Method]

Blend all the above ingredients with 500ml water and heat over low heat for 20 to 30 min. Take before the meal ( lunch or dinner) as a starter. Once or twice a week.