代表的なスパイスとその効能、おすすめの使い方by アーユルヴェーダの名医 Dr.ディネッシュ & Dr.ディネッシュカ

スパイスとアーユルヴェーダとの関係

自然療法であるアーユルヴェーダは、スパイスときわめて密接な関係にあります。スパイスはハーブの一種であり、とくに、植物の葉、花、根、茎、果実などが原料になります。主に保存料や調味料として使用されたり、古くから薬の調合や料理に使われたりしてきました。特にアーユルヴェーダでは、ほとんどの薬に色々な種類のスパイスが使われています。また、スパイスには治癒力が詰まっているため、薬としてスパイスだけで使用することも重要とされているのも大きな特徴です。

さらに、スパイスは宗教的な儀式や化粧品の調合に香料として使われてきました。

アーユルヴェーダの理論では、3種類のドーシャすべてに、鎮静剤としてスパイスを使用することが可能です。それぞれのドーシャの鎮静には、異なるスパイスが使われます。したがって、私たちの体調に合わせて、毎日の食事に必要なスパイスを加えることができるのです。

 

ヴァータ・ドーシャに最適なスパイス

ここではヴァーダの鎮静に効果的な香辛料をまとめました。

- フレッシュジンジャー

- ブラックペッパー

- ガーリック

- クミン

- バジル

- フェヌグリーク

- サフラン

 

ピッタ・ドーシャに最適なスパイス

以下はピッタの鎮静に役立つスパイスです。

- コリアンダー

- ターメリック

- フェンネル

- カルダモン

- シナモン

- ミント

- クミンシード

 

カパ・ドーシャに最適なスパイス

カパが増加している時またはカパ体質の方は以下のスパイスが効果的です。

- クローブ

- ブラックペッパー

- ロングペッパー

- ジンジャー

- レッドオニオン

- マスタードシード

 

スパイスのおすすめの使い方

通常、料理に使われるスパイスは、栄養剤、香味剤、着色料、そして飾り付けのために使われます。よって、より良い効果を得るためには、原則として、調理の最後の方や盛り付けの直前に新鮮なスパイスを加えるといいでしょう。そうしないと、長時間の加熱によって期待した味や香りが損なわれてしまいます。また、乾燥したスパイスは、調理の初期段階で加えることが可能です。

 

代表的なスパイスとその効能、使用方法

ここでは、一般的なスパイスとその効能について説明します。

 

クミンの効能と使用方法

クミンの効能と使用方法について以下にまとめました。

Rasa(味):辛味

Guna(性質):乾燥

Virya(効力):熱性 

Vipaka(消化後の味):辛味

 

使用方法

- 喘息や咳の緩和

- 痔の治療

- 虫の病気を治す

- 皮膚病によい

- 母乳を増やす

- 肝臓に良い

- 空腹感を得る

 

コリアンダーの効能と使用方法

以下はコリアンダーの効能と使用方法についてまとめたものです。

Rasa(味):苦味、渋味

Guna(性質):油性

Virya(効力):熱性

Vipaka(消化後の味):甘味

 

使用方法

- 利尿作用

- 毒素を取り除く

- 心臓に良い

- 火傷や熱感を治す

- 腫れの症状、虫の病気、嘔吐の症状を治す

- 喉の渇きを抑える

- 生理痛の緩和

 

ターメリックの効能と使用方法

以下にはターメリックについてまとめました。

 

Rasa(味):苦味、辛味 

Guna(性質):軽性、乾燥性

Virya (力):熱性

Vipaka(消化後の味):辛味

 

使用方法

- 糖尿病に効果的

- 皮膚病の治療

- 傷の治療

- 毒素を取り除く

- 食欲増進

- 便秘解消

- 癌によい

- 血液に栄養を与える

- 記憶力を高める

- 母乳をきれいにする

- 免疫力を高める

 

マスタードの効能と使用方法

マスタードの効能と使用方法について以下にまとめました。

 

Rasa(味):苦味、辛味 

Guna(性質):軽性、油性

Virya(効力):熱性

Vipaka(消化後の味):辛味

 

使用方法

- 心臓に良い

- 血液の生成を促す

- 空腹感を引き起こす

- 皮膚病を治す

- 虫の病気を治す

- 耳の病気、脾臓の病気を治す

- 頭痛の緩和

- 浮腫みを抑える

- 傷を治す

- 神経系に良い

 

ブラックペッパーの効能と使用方法

ブラックペッパーの効能と使用方法について以下にまとめました。

 

Rasa(味):辛味 

Guna(性質):軽性、浸透性

Virya(効力):熱性 

Vipaka(消化後の味):辛味

 

使用方法

- 食欲増進

- 熱を冷ます

- 虫刺さされを治す

- 毒素を取り除く

- 痰の処理

- 血液をきれいにする

- 胃痛を抑える

- 心臓病を治す

- 肝臓に良い

- 婦人病に良い

- 太りすぎを抑える

 

フェネグリークの効能と使用方法

ここではフェネグリークについてまとめました。

 

Rasa(味):辛味

Guna(性質):軽性

Virya(効力):熱性 

Vipaka(消化後の味):辛味

 

使用方法

- 神経系に良い

- 便秘改善

- 腹部の膨らみを抑える

- 呼吸器系の病気に効果的

- 消化促進

- 母乳の出をよくする

- 糖尿病の治療

 

シナモンの効能と使用方法

以下にはシナモンの効能と使用方法についてまとめました。

Rasa(味):辛味 

Guna(性質):軽性

Virya(効力):熱性

Vipaka(消化後の味):辛味

 

使用方法

- 血液の浄化

- 頭痛の治癒

- 尿を浄化

- 急性鼻炎を治す

- 食欲増進

- 関節に良い

- 虫の病気を治す

- 痔を治す

- 生理痛を抑える

- 高血圧を抑える

- 脂肪分を減らす

 

下痢の際に効果的なスパイス

ルーステッド・クミン・シード 5g

お湯 125ml

必要に応じてお茶にしてお飲みください。

 

英国アーユルヴェーダカレッジでは、アーユルヴェーダの智慧やマッサージの技術はもちろん、調理実習などの授業も行っています。調理実習では、スパイスの効能について学びながら、インドのアーユルヴェーダのパンチャカルマセンターで実際に提供されている食事を作ります。アーユルヴェーダの智慧を日々の生活に活かし健康に役立てたい方、無料説明会やセミナーを随時開催しておりますのでぜひご参加ください。お会いできる日を楽しみにしております。


ライタープロフィール

 

ドクター・コラム始まりました!【アーユルヴェーダ医師によるアーユルヴェーダ最新情報をお届けします!】アーユルヴェーダ医師
ディネッシュ先生 / Dr. Dinesh Edirisinghe

スリランカ国立コロンボ大学アーユルヴェーダ・メディスン&サージェリー卒業

脈診と額に手を当てることにより、クライアントの体質はもちろん、現在の病気や体調、過去の病歴までを読み取とることから「ドクターCTスキャン」として有名。特にデンマーク、ドイツ、日本での経験が豊富で、スリランカのジェット・ウィング・グループで、アーユルヴェーダの責任者として活躍し、スリランカの本格的なアーユルヴェーダをスリランカ国外に広めるための新しいコンセプトを構築した。

 

ドクター・コラム始まりました!【アーユルヴェーダ医師によるアーユルヴェーダ最新情報をお届けします!】アーユルヴェーダ医師
ディネッシュカ先生 / Dr. Dinushka Dissanayake

スリランカ国立コロンボ大学アーユルヴェーダ・メディスン&サージェリー卒業

ディネッシュ先生の最愛の奥様であり、婦人科とメンタルヘルスの専門家。

 

 

 

※「ドクターCTスキャン」の異名をもつ有名なディネッシュ先生と奥様のディネッシュカ先生についてさらに詳しいプロフィールはこちら。

 

 


ENGLISH

Spices and Ayurveda

As a natural medical system Ayurveda has a closest connection with spices. All spices are formed from herbs. And they are from natural leaves, flowers, roots, stems, fruits and ect… So, most of the spices are from plants.  Mostly spices are used as preservatives as well as flavoring agent. Since ancient time spices are used in medicine preparation and food preparation. Specially in Ayurveda most of the medicines are consists with many kinds of spices. Also, Ayurveda highlights the individual application of spices as a medicine. Because it believes that the spices are packed with healing power.

Also, since early days spices are used as fragrant and perfume in religious rituals and in cosmetic preparations.

According to Ayurveda theories we can use spices in all three kinds of dosha as pacifying agents. Each dosha benefit from different spices. Therefore, according to our body constitution, we can add required spices to our daily meal.

Best Spices for Vata Dosha ;

  • Fresh Ginger
  • Black pepper
  • Garlic
  • Cumin
  • Basil
  • Fenugreek
  • Saffron

Best spices for Pitta Dosha

  • Coriander
  • Turmeric
  • Fennel
  • Cardamom
  • Cinamon
  • Mint
  • Cumin seeds

Best spices for Kapha Dosha

  • Clove
  • Black pepper
  • Long pepper
  • Ginger
  • Red onion
  • Mustard seeds

Usually in food preparation spices are used as nourishing agent, flavoring agent, coloring agent as well as the garnishing agent. So as a rule, for better benefits we should add fresh spices near the end of cooking or just before serving. If not the expected flavor and aroma can be loss because of the prolong heating. And dried spices can be added early stages in cooking.

From this article I thought to discuss about some common spices and their benefits which

Cumin

Cuminum cyminum

 

Rasa(Taste) – Pungent

Guna (Quality)– Dryness

Veerya(potency) – Hot 

Vipaka (Result at the end of the digestion)– Pungent

Usage

  • Relief Asthma & cough
  • Good for Hemorrhoids
  • Cure worm diseases,
  • Good for skin diseases
  • Increase breast milk.
  • Good for liver
  • Causes hunger.

 

 

Coriander

Coriander sativum

 

Rasa (Taste)– Bitter / Astringent

 Guna (Quality)– Oily

Veerya (potency)– Hot

Vipaka (Result at the end of the digestion)– Sweet

 

Usage

  • Diuretic effect
  • Remove toxins.
  • Good for the heart
  • Cure burning & heat sensation,
  • Cure swelling conditions, worm diseases, vomiting conditions.
  • Reduce thirst.
  • Release from menstruation pain

 

Turmeric

Curcuma longa

 

Rasa (Taste)– Bitter, Pungent 

Guna (Quality)– Lightness, Dryness

Veerya (potency)– Hot

Vipaka (Result at the end of the digestion) – Pungent

 

Usage

  • Good for diabetes
  • Cure skin diseases
  • Cure wounds
  • Remove toxins.
  • Increase appetite.
  • Relief constipation
  • Good for cancer
  • Nourishes blood.
  • Improve the memory.
  • Clean the breast milk.
  • Enhance the immunity.

 

Mustard

Brassica nigra

 

Rasa (Taste)– Bitter, Pungent 

Guna (Quality)– Lightness, Oiliness

Veerya (potency)– Hot

Vipaka (Result at the end of the digestion) – Pungent

 

Usage

 

  • Good for heart
  • Causes blood formation.
  • Causes Hungry
  • Cure skin diseases
  • Cure worm diseases
  • Cure ear diseases & spleen diseases
  • Relief from headaches
  • Reduce oedema.
  • Cure wounds
  • Good for Nervous system

Black pepper

Piper nigrum

 

Rasa (Taste) –Pungent 

Guna (Quality)– Lightness, Penetrative

Veerya (potency) – Hot 

Vipaka (Result at the end of the digestion)– Pungent

 

Usage

 

  • Increase appetite.
  • Cure fever & worm diseases
  • Remove toxins.
  • Good for phlegm
  • Cleanses the blood.
  • Reduce stomach aches.
  • Heal Heart diseases
  • Good for liver
  • Good for ladies’ disease
  • Reduce overweight.

 

Fenu greek

Trigonella foenum

 

Rasa (Taste)–Pungent

Guna (Quality)– Lightness

Veerya (potency)– Hot 

Vipaka (Result at the end of the digestion)– Pungent

 

Usage

  • Good for nervous system
  • Reduce constipation.
  • Reduce abdominal distention.
  • Good for respiratory tract diseases
  • Promote digestion.
  • Causes breast milk formation.
  • Cure diabetes

 

Cinnamon

Cinnamomum zeylanicum

 

Rasa (Taste)–Pungent 

Guna (Quality)– Lightness

Veerya (potency) – Hot

Vipaka (Result at the end of the digestion)– Pungent

 

 

Usage

  • Cleanses the blood.
  • Cure headache
  • Cleanses the urine.
  • Cure acute rhinitis
  • Increase the appetite.
  • Good for joints
  • Cure worm diseases
  • Cure hemorrhoids
  • Reduce menstruation diseases.
  • Reduce high blood pressure.
  • Reduce fat level.

 

For Diarrhoea

Roosted cumin seeds 5g

Hot water 125 ml

Make it as a tea and drink when necessary.