免疫力 by Dr.D&D

~Dr. D&D は、スリランカ人アーユルヴェーダ医師ディネッシュ (Dinesh) 先生とディネッシュカ (Dinushka) 先生による、14年間のウェルネスホスピタリティ業界での幅広い経験を結集したウェルネスブランドです。~

 

今回は、『免疫力』についてご紹介します!

 

 

免疫力とアーユルヴェーダ

 

 

今日、世界中で流行しているこのパンデミックに関連して、人々の間では「免疫力」という言葉が最もポピュラーな言葉になっています。自分が、病気に強いかどうか、免疫力はどうか、ということが以前よりも気になるようになりました。実際、私たちの免疫力は人によって違います。より強力なものが、世代を繋ぐために生き残っていくことになります。

 

世界最古の医療システムの一つであるアーユルヴェーダは、古典の中で「免疫の概念」について広く説明しています。ご存知のように、アーユルヴェーダは病気を治療するだけではなく、病気に対する耐性を高めることで健康を維持していくものです。実は、この心身に対する耐性の力は、私たちの免疫システムによって提供されているのです。

 

アーユルヴェーダでは、免疫力は " ヴィヤディシャムトヴァ"として知られています。これは、病気に対する抵抗力、または病気に抵抗するための身体の能力を意味します。

 

この抵抗力は「オージャス」と呼ばれる物質によって支えられています。

 

 

「オージャス」とは

 

「オージャス」は生命で最初に形成されるものであり、行動、資質、食事、習慣によって体内に集めらるとアーユルヴェーダでは説いています。「オージャス」は健康を維持し、促進する役割を担っており、人体の中で最も偉大な物質です。体内で増減可能な液体であり、全体的な健康、エネルギー、生き生きとした生活を司り、精神的な要因でもあり、肉体的な要因でもあります。この物質が破壊されたり、減少したりすると、多くの病気にかかり、最後には命が尽きてしまうのです。

 

ですから、アーユルヴェーダでは、病気を予防し、健康的な生活を送るために「オージャス」を守ることが大切なのです。

 

「オージャス」の働きを低下させる原因は様々で、身体的原因、精神的原因、社会的原因があります。

 

 

「オージャス」の働きを低下させる原因

 

身体的原因としては、過労、疲労、身体的外傷、睡眠不足、過労、飢餓、慢性疾患(糖尿病、腎臓病、ホルモンバランスの乱れ、慢性的な痛み、毒物の摂取、過度の旅行、過度の運動、薬物やアルコールの中毒、喫煙などが挙げられますが、これらは「オージャス」の機能を低下させる原因となり、免疫力の低下につながります。

 

精神的な原因としては、ストレスの多い生活、不必要な怒り、考えすぎ、別れ、恋人の喪失などの心の傷、わがまま、神経質、過度の恐怖心などもオージャスを低下させ、免疫力を低下させる原因となります。

 

社会的な原因としては、騒音、環境汚染、大気汚染、水質汚濁、不潔、環境災害、空間の不足などがあり、「オージャス」や免疫力の低下につながります。

 

また、「オージャス」が弱い人もいます。この弱さは遺伝性の弱さであることもあります。

 

強い免疫力の要因

 

- 出生地 -生まれつき免疫力の強い国での出産

- 出生時期 - 自然に力をつける時期に生まれてくること

- 両親の精子と卵子の資質の優秀さ

- 好ましい時期と季節

- 優れた体力

- 卓越した精神性

- 栄養価の高い食品

- 種族・種族の優秀さ

 

 

免疫力を高める方法

 

 

アーユルヴェーダでは、免疫力を高める方法が非常に多く示されています。

 

健康的な食習慣と睡眠習慣の維持、健康的な心の質の維持(サッドヴリッタ)、季節の養生法(リトゥチャルヤ)、毎日の養生法(ディナチャルヤ)、若返り薬や媚薬(ラサーヤナやワージカラナ)の使用や、定期的に浄化療法を受けることは、免疫力の質を高める上で非常に重要です。また、アーユルヴェーダでは免疫力を高めるために多くの薬を挙げています。

 

食事については、アーユルヴェーダでは、適度に油分を含んだ食事を適量摂取することで免疫力が向上するとされています。また、六味(甘味・酸味・塩味・辛味・苦味・渋味)を含めた食事、できたてのもの、温かいものを摂ることも免疫力を高めることにつながります。

 

 

免疫力アップの食物

 

 

フルーツ

アボカド

リンゴ

バナナ

デーツ

アプリコット

ブルーベリー

ザクロ

オレンジ

グァバ

メマンナラン(インディアンワイルドオレンジ)

 

豆類

緑豆

大豆

 

野菜

葉物野菜

レタス

パセリ

スプラウト

オクラ

サツマイモ

ウオータークレス

カブ

ビーツ

ブロッコリー

モリンガ

ヘビウリ

ナス

バナナの花

トカドヘチマ

 

ハーブ・スパイス

生姜

ターメリック

バジル

ニンニク

クミン

カルダモン

フェンネル

クローブ

カレーリーフ

シナモン

 

ナッツ・種

アーモンド

黒くるみ

ヘーゼルナッツ

くるみ

かぼちゃの種

ごま

カシューナッツ

 

乳製品

山羊のチーズ

カッテージチーズ

フレッシュヨーグルト

豆乳

ココナッツミルク

温めてスパイスを効かせた牛乳(全乳)

 

オリーブオイル

ごま油

ココナッツオイル

アーモンドオイル

 

 

執筆者:Dr.D&D(ディネッシュ先生 & ディネッシュカ先生)アーユルヴェーダ医師 ...see more

 

 

ENGLISH

 

Immunity and Ayurveda

 

Immunity......

Today the word “immunity” has become the most popular word among the people related to this pandemic situation in all over the world. Hence, people do more concern about their strength against the diseases or their immunity than they did previously. Actually, power of our immune system is varies from person to person. Most powerful one will be survive to take forward a strong generation ahead.

 

As one of the oldest medical system in the world Ayurveda has described about “The “concept of Immunity” broadly in its old texts. As we know, Ayurveda is not only for treating diseases and it is also for maintaining the health by improving one’s tolerating power. Actually, this tolerance power towards the body and mind is provided by our immunity system.  

 

In Ayurveda; Immunity is known as “Vyadishamthva”. It means the resistance to diseases or the capacity of the body to resist the diseases.

 

This resistance power is contributed by a substance called “Ojas.”  As Ayurveda illustrates “Ojas” is the first thing formed in life and it gets collected in the body by actions, qualities, diet and habit of a person. It is responsible for maintaining and promotion of the health. “Ojas” is the greatest substance in the Human Body. And it is a quantifiable liquid in the body, responsible for overall health, energy and liveliness. It is both a mental and a physical factor. If this substance is destroyed or diminished, people can catch up with lots of diseases and finally he will be perished.

 

So in Ayurveda, it is important to protect “Ojas” to prevent from diseases and to enjoy a healthy life.

 

But there are many causes effects to decrease the function of “ojas.” They are as Physical causes, mental causes and social causes.

 

Physical Causes such as over working, exhaustion, Physical trauma, Poor sleeping habits, Excessive organism, Starvation, chronic diseases – Diabetic, Kidney disorders, Hormonal imbalance, chronic pain, ingestion of poison, excessive travel, excessive exercise, addiction to drugs and alcohol, and smoking  can leads to slow down the function of “Ojas”.By that one’s immunity can be decreased.

 

As the Mental causes Stressful life, unnecessary anger, over thinking, emotional traumas such as a breakup, loss love ones, selfishness, Nervousness, and excessive fear, also lead to decrease “Ojas” and the immunity.

 

Social causes are excessive noise, environmental pollution, Air pollution, water pollution, untidiness, environmental disasters, and lack of space which lead to decrease “Ojas” and immunity in human beings.

And also there are people who bone with weak “Ojas”. This weakness can be hereditary weakness.

 

The strength of one’s immunity is dependent on bellow factors.

 

  • Birth place -Birth in a country where people are naturally strong
  • Birth time – Being born at time when people naturally gain strength
  • Excellence of the qualities of sperm and ovum of parents
  • Favorable time and season
  • Excellent physical strength
  • Excellence mentality
  • Nutritious food
  • Excellence of race and species

 

If we considered the immunity suppressed causes most of the causes are avoidable. Therefore, now we would like to talk about the ways of how to increase immunity according to Ayurveda.

 

Ayurveda has shown so many ways of improving immunity.

 

Maintaining healthy food habits, sleeping habits, maintain a healthy mind quality (Sadvritha), Following a seasonal regimen (ritucharya), Daily regimen (dinacharya), using geriatric and aphrodisiacs (Rasayana & Vajikarana) treatments, following in time internal purification procedures are very important in boosting the quality of immunity.And Ayurveda has named many medicines for boosting up the immunity of a human being.

 

As the diet ; Ayurveda has shown  intake of proper quantity diet which are sweat, and unctuous in nature improves the immunity.

 

Also having the foods including all six tastes, taking the foods freshly made and hot condition will improve the immunity.

 

Immunity boosting foods

 

Fruits

Avocado

Apple

Banana

Dates

Apricot

Blue berry

Pomegranate

Orange

Guava

Memang Narang

 

Legumes

Moong dal

Soy beans

 

Vegetables

Leafy greens

Lettuce

Parsley

Sprouts

Okra

Sweet potatoes

Watercress

Turnip

Beetroot

Brucoli

Moringai

Snake gourd

Eggplant

Banana blossom

Ridge Gourd

 

Herbs

Ginger

Turmeric

Basil

Garlic

Cumin

Cardamom

 Fennel

Clove

Curry leaves

Cinamom

 

Nuts and seeds

Almond

Black walnut

Hazel nuts

Walnuts

Pumpkin seeds

Sesame seeds

Cashew

 

Dairy

Goat cheese

Cottage cheese

Fresh yoghurt

Soy milk

Coconut milk

Warmed and spiced whole milk

 

Oil

Olive oil

Sesame oil

Coconut oil

Almond oil

 

 

Author: Dr.D&D (Dr. Dinesh Edirisinghe & Dr. Dinushka Dissanayake) ...see more